Skip navigation

私が試食販売のバイトをした時のエピソードです。このバイトを始めたきっかけは2つ、1つは、大学の単位もとれて、就職するまでの半年間単発の仕事がしたくてデモンストレーターの仕事を選びました。

そしてもう1つは日給です。朝の9時~夕方の5時までの間で6500円ほどもらえます。人と接することが好きですし、学生のバイトにしては高時給だと思います。

販売した店舗は大阪の某スーパーです。市内を中心に関西に100店舗ほどあるスーパーで私もよく利用していました。

販売したのは、牛肉です。オージービーフのサーロインステーキを角切りにして販売するとの企画でした。

価格は150g300円とかなりの激安ステーキです。

そのお店はオープンしたてだったので、目玉企画として販売しました。

試食販売において気をつけることがいくつかあります。

まず、入店は裏口から入り入店のところに名前を記入し、バッジをうけとります。次に、バックヤードで会う人には極力挨拶することです。

お店で働いているパートさんと仕事が終われば主婦なので、私の印象が残り買って下さる場合もるからです。そして、自分で用意したエプロンと三角巾をして身なりを整えたら担当のバックヤードにいきます。

この日はお肉だったので、精肉のチーフやスタッフに挨拶します。とにかく一日大きな声で元気よく販売するのがコツです。何事も第一印象は大事ですからね。

試験監督 バイト 2月