Skip navigation

「名探偵に薔薇を」という文庫を買ってみました。

本屋でやたら推していたので試しに。

私見立て殺人好きなんです。。

ずっと館ものが好きのだと思っていたのですが、館ものに付随して見立て殺人が起こる率が高いんです。

私が好きなのは館ものではなく、見立て殺人の方だったと気付いたんです。

童話や童謡など一見無邪気に見えるものが裏側には残酷な意味を兼ねているパターンが好きです。

古典ミステリであるアガサ・クリスティでも見られるパターンですよね。

この本のメインである童話に見立てた殺人と登場人物も古典ミステリを見ているようで好みのテイストだったんです。

探偵役の女性も格好良かった!

キャラ立ちしていたので、もう少し分量があって、人物描写があっても良かったとは思います。

そうするとダレてしまうのかな?

ミステリにしては分量少なめでさらっと読めてしまった印象でした。

犯人が限定されているのにも関わらず、特定出来なかったりミスリードがあるのは面白かった。

見立て殺人、特殊な毒薬と舞台が派手だっただけにオチは何だか地味に感じてしまいましたが、反芻するとよく出来ていたと思います。

って、何だか偉そうですね(笑)。

ミステリは好きで結構読んでいるので、辛口になってしまいますね。